TEL 048-793-1409

埼玉県さいたま市岩槻区諏訪
2-2-15

求人案内インターネット順番受付

さいたま市の内科/整形外科/いしまるクリニック/経鼻内視鏡/消化器内科/外科/肛門科/胃カメラ/痔

設備の紹介

  • 内科
  • 整形外科
  • リハビリテーション科
  • 肛門外科
  • その他の診療
当院で受けられる検査一覧
求人案内
Mobile site
HOME»  設備の紹介

診療設備

【超音波診断装置】

動脈硬化の様子や心臓、腹部、頸部の検査の様子をスムーズに診断できます。組織の硬さを色で画像化した組織弾性イメージングで患部の硬度を色表示することで、良性、悪性の判別も可能です。

【レントゲン】

台の上で寝るタイプと直立タイプの2種類がございます。

【内視鏡システム】

先端にCCDが装着されている自由に曲げる事が出来る柔らかい管(ファイバー)を、挿入し臓器を観察します。

当院の内視鏡システムはフルデジタル内視鏡システムを採用しており、即座に画像から診断が可能です。通常の『大腸内視鏡検査』に加え、胃の検査では鼻から行う内視鏡検査『経鼻内視鏡検査』に対応しておりますので、通常の内視鏡検査にくらべて体に優しく、吐き気なども少ないのですぐに仕事や家庭に戻れます。

【消化管内視鏡消毒装置】

電解酸性水を用いて短時間で消化管内視鏡を消毒する装置で、消化管内視鏡の繰り返し使用時に起こる感染を防止します。

【血圧脈波測定装置】

動脈硬化や下肢動脈の狭窄/閉塞を測定します。

血流速度の違いを測定することで動脈の硬さを判定し、動脈硬化の有無を診断します。また、下肢の動脈の血流状態を診断し、動脈閉塞の疑いがあるか診断します。
閉塞性動脈硬化症などの早期発見に効果を発揮します。

【解析付デジタル心電計】

不整脈や狭心症などの所見がないか検査します。

骨密度検査(DEXA)

骨を構成しているカルシウムなどの量(骨量)を測り、骨の強度を調べる検査です。骨密度が低下すると、骨粗鬆症という骨の中がスカスカな状態になり骨折しやすくなりますので、骨密度を定期的に測定することが重要です。

【自動間欠牽引装置:腰椎牽引】

椅子にすわる姿勢でそのまま牽引治療ができます。

動作説明を音声で案内しますので初めて治療を行う患者さんも安心して治療が受けられます。また、従来よりもダイレクトに力を加えることができるため、効果的な治療が可能です。

【能動型自動間欠牽引装置:頸椎牽引】

腰椎の牽引と同じように、頚椎を牽引することにより、神経的圧迫を解除し圧迫による神経的痛みを取り除く治療が行います。

【温熱療法機】

これまでの温熱治療に温熱リズムを伝える機能を加えたホットパック装置です。発熱・振動することにより患部を温め、血行を促進し、筋肉をほぐします。

【干渉電流型低周波治療器】

周波数の異なる搬送波を身体に流すと干渉しあう領域に干渉低周波が発生し、スーパーカイネではこの干渉低周波を利用した治療を行います。従来のものに比べ、不快感なく、電気エネルギーを身体に与えることができ治療部位に十分な刺激を加えることができます。

TOP