TEL 048-793-1409

埼玉県さいたま市岩槻区諏訪
2-2-15

求人案内インターネット順番受付

さいたま市の内科/整形外科/いしまるクリニック/経鼻内視鏡/消化器内科/外科/肛門科/胃カメラ/痔

内視鏡検査

  • 内科
  • 整形外科
  • リハビリテーション科
  • 肛門外科
  • その他の診療
当院で受けられる検査一覧
求人案内
Mobile site
HOME»  内視鏡検査

経鼻内視鏡をご存知ですか?

当院の胃カメラは極細タイプです。
今までの胃カメラの約半分の太さなので以前より楽に検査を受けられます。

胃が心配だけど胃カメラは苦しくてイヤだという方、
経鼻胃内視鏡検査をご存じですか?

経鼻胃内視鏡検査とは

鼻から極細径のスコープを入れて行う胃カメラ検査のことです。
胃カメラの最中に「オエッ」となることがありますが、これは舌の付け根の舌根という部分にスコープが触れることでおこる咽頭反射が原因です。
経鼻胃内視鏡では鼻から挿入したスコープは鼻腔を通って食道に入っていきます。スコープが舌根に触れることがないので咽頭反射はほとんどありません。そのため吐き気をほとんど感じることなく検査を受けられます。

経鼻胃内視鏡検査の特徴

  1. 検査前に鼻腔の麻酔を行いますので、鼻の痛みはほとんどありません。
  2. スコープが舌根部を圧迫しないので、のどを通過する時の”オエッ”となる反射が非常に少なく楽に検査が受けられます。
  3. 検査中に会話ができますのでモニターを見ながら質問ができるなど安全で納得のいく検査が可能です。

当院では、ピロリ菌などの内視鏡を介する感染症にも注意を払っています。
清潔な内視鏡による検査を心がけています。安心して検査をお受けください。

極細径スコープでの経鼻胃内視鏡検査のメリット

  1. スコープが舌の根元(舌根)に触れることで、咽頭反射(嘔吐感)が起こります。鼻からの挿入でこの問題が解消しました(図1)。
  2. スコープは従来の半分、5.9mmの細さです。更に、鼻に適したしなやかさでむりなく、スムーズな挿入ができます。
  3. 鼻への麻酔も微量で、身体への負担が軽減されます。
  4. 患者さんは、モニターに映し出される自分の胃の映像を見ながら、医師にその場で質問ができます。
  5. 患者さんは検査中にしゃべれるため、安全な検査につながります。

※約2,000人のアンケートでは、約95%の患者さんが、経鼻内視鏡を希望しています。

大腸内視鏡検査について

大腸内視鏡検査は、肛門(お尻の穴)から、太さ11-13mm程度の細長く、軟らかい内視鏡(カメラ)を入れて、大腸全体(状況により小腸の一部まで)を観察する精密な検査方法です。 この検査によって、大腸がん、大腸ポリープ、大腸憩室症、炎症性腸疾患などの大腸、直腸の疾患を検索します。

大腸内視鏡検査を受けるメリット

直接直腸や大腸内の病変を観察できる

何よりも「直接病変を観察できる」検査であることです。注腸X線検査(バリウムでの検査)ですと、異常を疑う所見があったとしても、それが本当に異常なのか、空気の泡や便の残りであるかの区別がつきにくいことがあります。 また便潜血検査(便に眼に見えないレベルの血液が付着しているかを調べる検査)では、陽性であったとしても、即何らかの病気であるかと判断することは出来ません。 内視鏡検査では「直接見る」ことで判断に困ることが極めて少ないというメリットがあります。

必要によっては生体の一部を採取して検査

必要によっては、病変していると思われる組織の一部をその場で採取して(生体検査)、後で顕微鏡で詳しく調べることもできます。 現在のところ、大腸を調べる検査の中で得られる情報が最も多い検査です。

大腸や直腸の一部治療も可能

更に、ポリープの場合は内蔵された切除器具を使用して、内視鏡で切除を行うことができます。 つまり、診断から治療まで可能な方法なのです。

TOP