TEL 048-793-1409

埼玉県さいたま市岩槻区諏訪
2-2-15

求人案内インターネット順番受付

さいたま市の内科/整形外科/いしまるクリニック/経鼻内視鏡/消化器内科/外科/肛門科/胃カメラ/痔

その他の診療

  • 内科
  • 整形外科
  • リハビリテーション科
  • 肛門外科
  • その他の診療
当院で受けられる検査一覧
求人案内
Mobile site
HOME»  その他の診療

巻き爪

巻き爪とは、足の指にある爪の両端の先端部が、強く内側に湾曲した状態を言います。巻き爪になるのは、負担のかかりやすい親指の爪であることが多いのですが、その他の指の爪も巻き爪になることがあります。巻き爪は、見た目が悪くなってしまう程度のことと、侮ってはいけません。巻き爪が進行していくと、肉の部分に曲がった爪がどんどん食い込んで、次第に激しい痛みを引き起こすようになります。さらに、曲がった爪に巻き込まれた皮膚が化膿してしまい、歩くことができなくなる場合もあります。

巻き爪になる原因

1. 間違ったサイズの靴にご用心

小さなサイズの靴や、足先の細くなった靴を履くことで、爪や指が圧迫され、巻き爪の原因になることは容易に想像できると思います。反対に、大きすぎるサイズの靴も考えものです。大きすぎるサイズの靴を選んでしまうと、靴の中で足が必要以上に動いてしまう結果、指が靴に当たって巻き爪を引き起こす原因となります。

2. ハイヒールは巻き爪の天敵

ヒールの高い靴、先のとがった靴は、指先に体重が集中してしまいます。そのため、爪を圧迫することになり、巻き爪の原因となってしまいます。

3. 「深爪」に要注意

巻き爪で痛みがあると、巻き込んだ爪を切りたくなるため、思わず深爪をしたくなってしまいます。その気持ちはよく理解できますが、深爪をしてしまうと、爪周りの皮膚が盛り上がり、爪の成長を邪魔することになります。その上、爪が皮膚に食い込むように伸びてきて、徐々に巻き爪を悪化させることになります。巻き爪にならないためにも、そして、巻き爪を悪化させないためにも、深爪は厳禁です。

4. 指への打撃、スポーツにも要注意

足指の爪をぶつけたり、指や爪に激しい負荷をかけすぎると、爪の側面や周辺の肉の部分に炎症を起こすことがあります。そこが盛り上がってしまうと、両端から爪を圧迫し、巻き爪になります。たとえば、足の上に重いものを落として打撃を与えることや、サッカーやジョギング、テニスなどのスポーツをすることで、巻き爪になる可能性があります。

5. 体質が原因になることも

巻き爪にはいろいろと原因はありますが、爪の形状そのものが原因で起こることがあります。また、爪が薄くて柔らかいという方は、巻き爪になりやすいようです。

治療方法

<コットンパッキング法>

爪の先が2ミリ程度空いていれば、コットンを米粒くらいの大きさに丸めて、皮膚と痛みのある爪の間に挟みます。コットンが小さいと効果が現れず、大きすぎると反対に痛むことがあるので、ちょうど良い大きさになるように何度も調整をしましょう。

<テーピング法>

爪の先が1ミリ程度しか空いておらず、コットンを挟むことが難しければ、皮膚と痛みのある爪の間をテーピング用のテープやばんそうこうで広げて、痛みを緩和させます。

<超弾性ワイヤー法>

爪が指先から2ミリ程度伸びたら治療を始めます。

<超弾性クリップ法>

爪が薄くワイヤー法で治療をすると爪が割れてしまったり、矯正され過ぎてしまう人に向いている治療法です。

<アクリル樹脂人工爪療法>

深爪や陥入爪の症状の緩和のために行います。爪の上にアクリル樹脂でできた人工爪を付けて、爪の食い込みや皮膚の盛り上がりを改善させます。

<ガタ―法>

爪が皮膚に強く食い込んで溝(ガタ―)のようになった時に、行うのがガタ―法です。医療用プラスチックチューブを陥入爪の側面に差し込んで固定し、爪と炎症のある皮膚の間に空間を作って爪の食い込みを防ぎます。とがった爪を保護することで、炎症と痛みの症状を緩和します。

TOP